パタヤ最大の黄金の仏像ビックブッタ!パタヤで寺院めぐりに行ったので体験談や地図・入場料を紹介します。

 

パタヤのビッグブッダ

パタヤのビックブッタは、ワットプラヤイ(Wat Phra Yai)という寺院にある仏像になります。

ビックブッタというのは、あまりにも大きな仏像なので、通称でビックブッタと呼ばれています。

 

パタヤのビックブッダに行ってみた

 

ワットプラヤイ(Wat Phra Yai)に到着すると、まず、日本の参道のように、お店が数店舗ほどあります。

お参りグッズやお土産屋さんがあります。

 

タイのお寺は、服装で気をつけないといけないことがあります。

基本は短パンなど、露出の多い服装はダメです。

もし、そのような服装できてしまったら

参道で、サロン(腰巻みたいな物)を貸してくれますので、腰に巻いて足を隠してしまえば、入れます

 

参道を過ぎると

大きな二体の金色のナーガ(蛇の神)が見えます。

写真の人と比べても大きいですよね

このナーガだけでも圧倒されます。

 

ここは、写真スポットで、観光客は皆さんいろいろなポーズで写真を撮っていました。

 

この階段を上がると

ビックブッタです。

金色の仏像は、かなり大きいです。

タイの仏像は、金色が多いです。

 

日本の仏像と少し違う感じがします。

タイの仏像は笑っている(微笑んでいる?)顔をしているものが多いです。

 

仏像の前は、お祈りをする所ですので、観光の際は邪魔をしないようにしましょう。

 

ビックブッタ以外にも

ビックブッダの周辺には、沢山の金色の仏像が並んでいます。

それぞれが、曜日に分かれた仏像で、タイでは、生まれた曜日を大事にしていて、自分の生まれた曜日の仏像にお祈りをします。

 

皆さんも、行く前に、自分の誕生日の曜日を調べていくと、タイの寺院めぐりが、もっと楽しくなりますよ

おみくじも、曜日に分かれていたりしますからね

 

さらに、

ビックブッタは、丘の上にありますので、ビックブッタの後にまわると

パタヤの海が見えます。

パタヤパークタワーも見えます。

パタヤのビックブッダの入場料金

入場料は、無料です

パタヤのビックブッダの地図(マップ)

パタヤとジョムティエンビーチの間の丘の上にあります。

パタヤの街中からは、ソンテウで、10~20分の場所にあるので意外と近い穴場になります。

パタヤのビックブッダの行き方

パタヤの街中から、ジョムティエン行きのソンテウがワットプラヤイがある丘の下を通りますので、ソンテウ乗ってくる事が出来ます。

ソンテウが1番安上がりです。

 

初めてだと、ソンテウの降り場がわからないと思うので

チャーターのソンテウが便利です。

片道200~300バーツです。

 

レンタルバイクで来るのも近いので便利です。

 

ジョムティエンに行く道を進むと、少し大きめの交差点の左に、青い看板が出ています。

 

ソンテウで来るなら、この看板で降ります。

 

ここから坂を500mほど上ります。

 

途中、左手に中華寺院が見えますが、右側の坂道を進みます。

 

観光バスや、車、バイクが止められる駐車場が出てきたら、到着です。

 

 

ソンテウで行くと、坂を上がるのが結構大変ですので、1人ならバイクタクシーの送迎(要交渉)、2人以上ならタクシーで来るのが良いです。

おわりに

パタヤ最大の黄金の仏像ビックブッタ!パタヤで寺院めぐりに行ったので体験談や地図・入場料を紹介しました。

 

入場料が無料のパタヤビックブッダがあるこの寺院は、タイ人のお祈りをする参拝客が多く訪れる寺院になります。

また最近は観光バスも乗り付ける観光地にもなっています。

でも、日本人はほとんど来ない、パタヤの観光地で昼間に行く穴場となっています。

 

パタヤを一望できる景色も見れますし、パタヤの街中から近いので、1人だけでなく、カップルで来ても楽しめるし

家族で子供を連れてきても安心の観光地です。

パタヤの観光地で昼間に行く穴場として、パタヤ最大のビッグブッダBig Buddhaを訪れて見てください。

 

また、近くに、パタヤで1番の展望台がありますので、ビックブッタに来たら一緒に観光してみるといいですよ。

おすすめの記事