バンコク空港(スワンナプーム空港)から、パタヤへ行く場合、1番安く行ける移動方法になるのが、エアポートバスを利用する方法です。

 

バンコク空港からパタヤまで最安のバスで行く方法と料金と時刻表や、パタヤでの降りる場所など初回します。

 

バンコク空港からパタヤへ行くバスとは?

バスは、エアコン1等というグレードのバスになります。

トイレ付き・エアコン付き・2人がけの席という車体のバスになります。

 

最安と言っても、快適なバスでの移動になります。

 

バンコク空港からパタヤへ行くバスのチケット売り場

バンコク空港からパタヤへ行くバスのチケット売り場は、バンコク空港の1階の8番出口の近くになります。

 

バンコク空港の税関審査を抜けた出口を背に1番右側の1階になります。

 

バンコク空港に到着したら、まずは1階に降ります。

8番出口は、空港左の端の方になりますので、1階に降りたら、左の方に向かって8番出口を目指します。

 

8番出口の手前に、目立つように、こんな風なチケット売り場があります。

「PATTYA」と書かれた、バスのチケット売り場がありますのですぐに分ると思います。

パタヤは、英語で、PATTAYAと書きます。

 

バンコク空港からパタヤに行くバス料金

バンコク空港からパタヤに行くバスの料金は

1人片道120バーツ

日本円で400円くらいと激安料金になります。

 

チケット売り場のカウンターに大きく、数字が書いてあるのが、料金です。

120BATHと書いてあれば、料金は120バーツという意味です。

 

このバス料金は、乗る時期のガソリン価格などにより多少上下しますが、120バーツ前後だと覚えておくと良いです。

 

バンコク空港からパタヤに行くバスの時刻表

バンコク空港からパタヤに行くバスの時刻表は

7:00 ~ 22:00

1時間間隔で出発します。

 

混雑時は、臨時便が出て、30分の出発便あります。

現在売っているパタヤ行きのバスチケットの出発時刻は、チケットカウンターの紙に書いてあります。

 

その時刻より前は、売り切れです。

特に夕方は混雑するので、臨時便が出る事が多いです。

 

バンコク空港からパタヤに行くバスチケットの買い方

バンコク空港からパタヤに行くバスチケットの買い方は、チケット売り場で、パタヤと言って、人数を言うだけです。

 

1人なら

「パタヤ ワン」と言うだけでも通じてチケットを買うことが出来ます。

 

チケットを買う場合は、出発便の指定も無く、パタヤ行きの人数を言うだけで購入できるのでビックリするくらい簡単です。

出発時間の予約は無く、買った順になります。

カウンターに次の出発の時刻が書いてありますので、その時刻での出発便のチケットになります。

チケットには、出発時間と座席番号が書いてあります。

 

バンコク空港からパタヤ行きバスの集合場所

チケットを買った後は、バンコク空港からパタヤ行きのバスには、どこで乗れば良いのか不安になると思いますが、

 

チケットを買った後は、チケットに出発時刻が書いてありますので、出発時刻の10分位前には、チケットカウンターの近くにいましょう。

 

チケットカウンター近辺が集合場所になります。

 

出発の時間近くになると、「パッタヤ~、パッタヤ~」と言って、パタヤ行きの人を呼びます。

 

その呼ぶ人に付いて行きます。

8番出口から外に出て、バス停まで行きます。

案内の人を見失わないように、着いていくと、3分ほどでバスに到着します。

1等エアコンバスです。

 

バスまで来たら、スーツケースなど、荷物を預けて、バスに乗り込みます。

荷物を預けるときも、バスに乗るときも、チケットが必要になります。

 

バスの車内と席

バスは指定席なので、座席番号を確認にて座りましょう。

座席番号は、座る席の後に書いてあるので、間違えないように。

 

バスの座席は、エアコン1等バスなので、

片側2列の計4列の席になり、

前後の幅も結構ゆったりした席になります

足掛けもあります。

トイレも付いています。

 

日中は、日差しも強いので、エアコンが快適ですが、日が暮れると、逆にエアコンが寒く感じるときがありますので、

1枚上着を持っておくと良いです。

 

バンコク空港からパタヤまでの移動時間

バンコク空港からパタヤまでのバスでの移動時間は

2時間くらいで到着します。

 

バンコク空港からパタヤまで高速道路が完成したので、快適だし、移動時間も短くなりました。

 

パタヤの到着場所

終点のパタヤのバスターミナルは、パタヤビーチの隣のジョムティエンビーチの方のバスターミナルに到着します。

 

終点の前に、3ヶ所、パタヤの大通りと、スクンビットロードの交差点近辺に停まります。

パタヤの1番ノース(北)・2番センター(中央)・3番サウス(南)と止まります。

 

1番のノースは、高速道路が出来たので、実際は1番と2番の中間ぐらいで、降りると不便です。

 

スクンビット通りがかなりの大通りなので、道路を渡るのが大変だし、バイタクも停まっていますが

 

個人的には、終点のバス停まで行ったほうが良いです。

バンコク空港からパタヤ行きのバスの終点の地図

終点は、パタヤでも、ジョムティエンの近くになります。

バス停から、パタヤ市内までは、3キロほどです。

 

1番安くパタヤまで移動するのは、

終点のバス停から、道路を向かい側に渡り、ソンテウに乗るです。

 

パタヤ入り口まで10~20バーツ

パタヤ中心部まで20バーツ~

夜は高くなる場合があります。

 

バイタクや貸切ソンテウも停まっていますので、チャーターで移動も出来ます。

その場合は、要値段交渉になります。

 

まとめ

バンコク空港からパタヤまで最安のバスで行く方法と料金と時刻表や乗り場などを紹介しましたが

バンコク空港からパタヤへの移動で1番安く意外と快適に行く事ができる方法になります。

 

料金も、120バーツって、400円くらいです。

2時間のバス移動で400円とタイは格安ですね。

 

また、チケット売り場も1番分りやすく。

買いやすいからなのか

外人のバックパッカーに1番人気の移動手段になります。

 

注意事項は

タイのバスは凄いエアコンが効いて寒いので、ストールやタオルケットがあると便利です

このぐらいの大きさのストールを1つ持っておくと、ひざ掛けにしても良いですし、肩にかけたり、首元にかけたりと、何かと重宝します。

 

日本でも使えるようなものがおすすめです。

 

パタヤ行のバスは初めての利用でも、迷わず乗れますので利用してみてくださいね。

バンコク空港でのバスの待ち時間は、地下のセブンイレブンで買い物が便利ですよ。

おすすめの記事