タイの首都バンコクには、地方へ行く長距離バスが出発する、大きなバスターミナルが3つあります。

それぞれ、特色があり、タイの地方に分けてありますので、

間違ったバスターミナルに行くと目的地に行く出発便のバスがない事もあります。

 

また、タイのバスターミナルに行くのに、タクシーの場合は、バスターミナルを英語で言っても伝わらず、バスターミナル名をタイ語名伝えないと行けないことがほとんどですので

 

ここでは、バンコクのバスターミナルの地図と、タイ語の名前を紹介します。

 

バンコクの全バスターミナルのタイ語名

バンコクで長距離バスターミナルは、3つあり

  • バンコク東バスターミナル
  • バンコク南バスターミナル
  • バンコク北バスターミナル

この3つがあります。

タクシーに乗る場合には、タイ語名で言わないと通じない事がほとんどですので、タイ語名を紹介します。

 

東バスターミナル

タイ語で、エカマイ

 

北バスターミナル

タイ語で、モーチットマイ

 

南バスターミナル

タイ語で、サイタイマイ

 

実際に、タクシーで言う場合は、

「Go to ○○ バスターミナル(バスステーション)」

○○に行き先のバスターミナル名を入れ替えてください。

 

バスターミナル または バスステーション どちらかで通じます。

 

バンコク東バスターミナルのエカマイ

バンコク東バスターミナルは、バンコクの東方向に行く長距離バスが発着します。

 

東方面でいうと、

パタヤ・サメット島(バンペー)・チャン島など

東の海沿いに行く人に利用される長距離バスが出ています。

 

バンコク東バスターミナル(エカマイ)の地図

バンコクのスクンビット通り沿いにあります。

BTS エカマイ駅の目の前なので、行くのが楽です。

 

エカマイのバスターミナルを利用するなら、スクンビット通り沿いにホテルを宿泊しておくと移動が楽です。

 

バンコク東バスターミナル(エカマイ)の特色

バンコクの中心部にあるので、バンコク市内に宿泊している人にとっては、使い勝手が1番すぐれています。

 

また、バスターミナルが小いので、チケットが買いやすく、バスターミナルも小さいので移動が楽です。

 

正面出入り口が、各方面のチケット売り場で、チケット売り場を抜けた先が、バス乗り場と効率が良いし、迷わないで移動できます。

 

初めて利用しても、迷わず行けて、行き先のバスチケットが問題なく買えます。

 

パタヤ行きの利用者がとても多いです。

 

バンコク北バスターミナルのモーチットマイ

英語の表記では「BANGKOK BUS TERMINAL (CHATUCHAK)」になります。不思議ですね。

 

バンコクから北部方面と東北部方面の長距離バスが発着しています。

 

バンコクの北部方面は、チェンマイ・チェンライ・メーサイーなどに行きます。

早朝か夕方の出発が多いです。

 

バンコクの東北部方面は、ウドンターニ・ラオスの国境方面のバスもあったりします。

 

意外ですが、パタヤ行きのバスも出ています。

 

バンコク北バスターミナル(モーチットマイ)の地図

バンコクの北にある、ウィークエンドマーケットの近くになります。

近くといっても、結構離れています。

地図だけだと、初心者には分りにくい場所にあります。

 

バンコク北バスターミナルの特色

ドンムアン空港に1番近いバスターミナルになりますので

エアアジアやスクートなどの飛行機を利用してバンコクに到着した場合は、ここが1番近いバスターミナルになります。

空港からタクシーで200B以内で着きます。

 

まちの中心部から離れています。

路線バスやエアポートバスの乗り入れも多いので、バスで移動か、タクシー利用が良いです。

 

難点は、バンコクで1番大きな巨大バスターミナルになりますので、パタヤ行きのケット売り場を探すのが大変です

また、パタヤ行きのバス乗り場までも距離があります

 

チェンマイやアユタヤなど、タイ北部からバスで移動してきた人は、ここからパタヤ行きのバスに乗るのが楽でよいです

 

バンコク南バスターミナルのサイタイマイ

南バスターミナルは、タイの南部方面と西部方面の長距離バスが発着しています。

 

南部方面は、プーケット島・サムイ島・ホアヒン・クラビ・マレーシアの国境方面のバスがあります。

 

西部方面は、カンチャナブリ などのバスが出ています。

 

意外ですが、パタヤ行きのバスもあります。

バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)の地図

南バスターミナルは、バンコクの西の方にあります。

バンコクの中心部からは、離れているので、タクシーでの移動が良いです。

バックパッカーで有名なカオサン方面のバスターミナルです。

 

バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)の特色

新しい場所に移転してから、かなり遠くなりました。

バンコクのハズレになるので、観光客として利用する人が少ないバスターミナルになります。

ただし、バックパッカーで有名なカオサン通りからは、1番近いので、カオサン通り近辺に宿泊している人には、ここが便利です。

 

また、サムイ島、プーケット島などの、タイ南部行きの長距離バスが発着しますので、南部からパタヤへバスを乗り継ぐ人には便利です。

サムイ島・パンガン島など、島まで行く長距離バスの場合は、途中はフェリーに乗ってバスごと島まで行きますので便利です。

 

カンチャナブリのバスも発着します。

 

南バスターミナルは、移転によりバンコクのバスターミナルでは建物は1番新しいく、バスターミナルはかなり大きいです。

 

タイのバスのグレード(クラス)とは?

タイのバスには、1等エアコンバス、3等ファンのバスなど、バスに派、ランクと言うかクラスがあります。

 

下から言うと、

  • 3等ファン 横に5人~6人が座る、窓全開の各駅バス。
  • 2等エアコンバス(横4人席)
  • 1等エアコンバス (トイレ付き・横4人席)
  • VIPバス (食事付き・トイレ付き・シートがほぼフラットに倒れたり、横に3人席で広々シートだったりっします。)

 

外人の旅行者が利用するバスは、1等エアコンバスがほとんどで

タイの端まで行くような10時間以上の長距離なら、VIPの利用する旅行者が多いです。

 

料金は、グレードが上がると100~300バーツ高くなるだけですので、気分で上げても良いですね。

 

おわりに

タイは、長距離バスが充実しています。

夜行バスも多く、結構快適に寝ながら移動できて、よく利用していました。

 

バンコクからは、今回紹介した3つのバスターミナルからは、タイの各地の大きな町ならほぼ全てに長距離バスが出ています。

 

料金は、高くても、日本円は3000円もしないです。

パタヤとか近場なら、350円くらい料金で乗れます。

サムイ島行きで、スーパーVIPの食事付きのバスで3000円位です。

 

タイの移動では、1番安く移動できて、飛行機や電車では行けない地域も直接行けますので、利用すると良いですよ。

 

ガイドブックなどで、タイの長距離バスのトラブルが書いてありますが、

ほとんどは、バックパッカーで有名なカオサン通りから出る長距離バスになります。

 

私は、今までトラブルも無く利用できていますので、そこまで危険だと思わなくても大丈夫です。

でも一応、貴重品管理だけはしっかりしておきましょう。

 

どんどん長距離バスを利用してタイを楽しんでくださいね。

おすすめの記事