バンコク市内からパタヤへバスで行く長距離バスで1番安い移動方法や、その出発のバスターミナルの地図など

そして、バスの出発する時刻表やバスの乗り方などを紹介します。

バンコク市内からパタヤへバスで行く1番安い方法とは?

パタヤの行き方で、バンコクから行く場合は、

バスかタクシーを利用します。

1番安い移動手段は、バスの利用になります。

旅行者が1番利用しやすいのは、バンコクのバスターミナルからパタヤに行く長距離バスになります。

 

バンコクからパタヤ行きのバスが出ているバスターミナルの中から、1番安くそのうえ

1番、便数が多くて、利便性が良いのが、

バンコク東バスターミナルになります。

 

バンコク東バスターミナルは、エカマイと言われていますし、タクシー運転手に行き先を言う場合は、

「エカマイ」と言わないと通じない事が多いです。

 

バンコクのエカマイ(バンコク東バスターミナル)の地図

バンコクのエカマイ(バンコク東バスターミナル)のバスターミナルは、BTSのエカマイ駅の駅前という好立地です。

BTSの駅からすぐなので、初めてでも行きやすいです。

また、BTSというタイの電車なら、渋滞とか関係なく付く事もできるので便利です。

 

バンコクからパタヤ行きのバスの乗り方

バンコクからパタヤ行きのバスの乗り方は、

  1. バンコクのエカマイ(バンコク東バスターミナル)に行きます。
  2. パタヤ行きのチケット売り場でパタヤ行きのバスチケットを買います。
  3. パタヤ行きのバスに乗ります。

 

チケットを買って、バスに乗れば、パタヤのバスターミナルまで行きます。

 

バンコクのエカマイ(バンコク東バスターミナル)に行きます。

バンコクのエカマイ(バンコク東バスターミナル)の行き方ですが、エカマイの地図を見て、向かいましょう。

 

初めてのバンコクで、行き方に不安がある場合は、宿泊のホテルから、タクシーで向かいましょう。

タクシー料金は、100~200バーツ(350円~700円)で到着します。

 

東バスターミナルのエカマイの外観です。

見ての通り、小さめですので、パタヤ行きのチケット売り場はすぐに発見できます。

 

エカマイでのパタヤ行きのチケット売り場

エカマイバスターミナルを正面から入ると

入って、コの字型に、チケット売り場がありますが、

入って右の1番手前が、パタヤ行きのチケット売り場になります。

大きく、PATTAYA と書いてあります。

パタヤ行き 110バーツ~120バーツ

30分間隔でバスが出ています。

よほどの混雑期でない限り、次か、その次のバスの便に乗れます。

予約なしで、直接買います。

 

料金は、110バーツから120バーツの間を、買う時期によって上下します。(ガソリン価格の影響らしい)

 

いきなり、200バーツとか言われたら気をつけましょう。(客引きから買うとあるらしいです)

 

パタヤ行きバス乗り場

チケットを買って、そのまま奥に進むと、バス乗り場となります。

パタヤ行きのバス乗り場は、右側の1番になります

すぐに見つけられると思います。

 

トイレは、写真のバスの後部の方に、バスターミナルを進んでいくと、あります。

バスの中にもトイレはありますけど、バスターミナルでトイレに行っておいたほうが良いです。

 

チケットに時間が書いてありますので、ほぼ定刻に出発しますので、少し前には、バス乗り場の近くで待機していましょう

 

大きな荷物は、バスに預けて乗り込みます

バスの車内はこんな感じです

 

バスは指定席になります

座席の確認は、座る席の後(背)に番号が書いてあります。

なので、座席の後を見て席を探してください

 

片側2列の4人掛けになります。

エアコンバスです。

もちろんバスには、トイレが付いています。

 

パタヤへ行くのにバンコクからバスに乗れば

2時間半位でパタヤに到着します。

 

エアコンが結構効いていることが多いです。

真昼以外は、結構冷えますので、長袖の上着を1枚持っておくと良いです。

おすすめの記事