タイ行きの飛行機のエアチケットで最安を探す3つの秘訣!を知って最安でチケットを購入してタイ旅行に行きたいですよね。

 

日本人が多く出かける、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みも、他より安く探す事ができます。

 

タイ行きの航空券とは、タイの玄関口となる、バンコクの空港までとなります。

バンコクの空港は、スワナプーム空港が普通ですが、LCCを利用の場合、ドンムアン空港 となります。

 

バンコク行きの航空券は人気なので、日本人の多い季節は早めの予約が良いです。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始

この3つは、予定がわkり、他の日本人と重なるので、特に早めに予約が大事になります。

タイ行きの飛行機のエアチケットで最安を探す4つの秘訣+1!

最安のチケットを探す方法は、LCCでも一般航空券でも同じように使うことが出来ます。

 

1、タイ行きのチケットは早めに予約する!

2、往復同じ航空会社のチケットではなく、片道ずつ違う航空会社のチケットも探す。

3、新規就航や増便の路線のチケットを探す。

4、燃料サーチャージの切り替えの月に注目する。

 

タイ行きのチケットは早めに予約する!

タイ行きの航空券は、300日くらい前には、チケットが売り出されています。

早ければ、1年後のチケットが帰る航空会社もあります。

 

売り出し後すぐは、大幅な割引航空券があります。

JALでも、ゴールデンウィークや年末年始は、割引チケットが入手できます。

 

ただし、早い者勝ちですので、予定が決まっているなら、チケットを購入するのが安く買う秘訣になります。

 

エアアジアやスクートなどの、格安航空会社(LCC)は、その傾向が顕著で、早ければ(最初の方)、チケットが安く

遅ければ(売れてくると)チケットが高くなります。

当たり前ですが、値段はかなり違います。

 

往復同じ航空会社のチケットではなく、片道ずつ違う航空会社のチケットも探す。

格安航空会社(LCC)は片道ずつ予約してチケットを買うことができます。

ですので、エアアジアと、スクートの行きと帰りのチケットのそれぞれの金額を見比べて、安い組み合わせをするのが1番安いです。

 

格安航空券は、往復割引は特に無いので、片道ずつ購入しても割高にはならないからです。

 

なおかつ、不定期にキャンペーンをしますので、キャンペーンに買えばさらに安く買うことが出来ます。

 

普通の航空会社では、使えないのかと言うと、使えるんです。

繁忙期(ピークシーズン)だと、往復が凄く高い料金の場合など、片道ずつ違う航空会社でチケットを購入する方が安くなる場合があります。

 

調べるのが大変だという人は、有名なエアトリエクスペディアなど、航空券の販売の総合サイトで探すとよいですよ。

 

新規就航や増便の路線のチケットを探す。

新規路線が就航した場合は、激安の価格でチケットを販売することが多いです。

特に、格安航空会社(LCC)の場合はキャンペーン価格での売り出しで激安で購入するチャンスです。

 

また、便が増便した場合も、その増便は、売り出し開始と同じなので、増便のチケットの売り出し時は安くチケットが買えます。

 

※一般航空会社の繁忙期の臨時増便は、これに当てはまらないです。

 

エアアジアなど会員登録しておくと、キャンペーンのメールが来ますので、便利です。

 

燃料サーチャージの切り替えの月に注目する。

サーチャージや燃料費の切り替えの月に注目するというのも、最安でエアチケットを購入する方法です。

 

例えば、4月1日発券分から、サーチャージが無くなるということが分っているなら、

4月1日からのほうが、サーチャージの金額ぶんだけ安くなりますよね。

 

その逆もあります

これは、航空会社のホームページに書いてありますのチェックしといたほうが良いです。

 

発券分からというのは、チケットを購入した(お金も支払った)日ですね。

エアチケットの搭乗日では無いので注意して下さいね。

 

おまけで5つ目の秘訣

おまけで5つ目の秘訣です。

これは、もう安いチケットがなくなったよ~と言う場合です。

 

飛行機チケットの販売時期ですが、航空会社によって違うのですが、300日以上前からの所もあれば、

なぜか、間際に値段が発表の航空会社もあります。

 

まだ、売り出してない航空会社の場合は、安く購入できる場合があります。

 

どこがとはいえないですが、タイミングですけど、遅くとも2ヶ月前には発表になりますので、

早めやすくチケット入手するのに遅れたとか、やっぱりタイに行きたいな~って思ったときに有効です。

 

まとめ

LCCも一般飛行機も

早めに予約するのが1番お得です

調べたりづるのが面倒な人は、エアトリエクスペディアなどの大手チケット会社で1週間に1度でもいいので値段をチェックして見てください。

そして予定が決まった早めに予約しましょう。

おすすめの記事